KVM Ver.1.2.0

 準備
イメージファイルのダウンロード
# cd /tmp
# wget http://ftp.riken.jp/Linux/centos/7.0.1406/isos/x86_64/CentOS-7.0-1406-x86_64-DVD.iso


 KVM インストール
# yum install kvm
# yum install libvirt
# yum install virt-manager

qemu-imgコマンドが使えない場合、
yum install kvm-qemu-img


 virbr0 解除
# virsh net-autostart default --disable
参考URL
192.168.122.0/24へのルーティングを消す(libvirt)


 ネットワークの設定
# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-br0

DHCPの場合
DEVICE=br0
TYPE=Bridge
BOOTPROTO=dhcp
ONBOOT=yes


固定IPの場合
DEVICE=br0
TYPE=Bridge
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.1.50
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.1.0
BROADCAST=192.168.1.255
ONBOOT=yes


# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
BRIDGE=br0
HWADDR=00:00:00:00:00:00
ONBOOT=yes


 VNC server の確認
# yum install tigervnc-server

初期起動
# vncserver


VNC解像度変更
# vi /usr/bin/vncserver
- $geometry = "1024x768";
+ $geometry = "1280x1024";


再起動
# reboot

VNC SERVER の起動
# vncserver


 VNC自動起動
設定をする前に一度VNC SERVERを起動しておくこと

# vi /etc/sysconfig/vncservers

+VNCSERVERS="1:username"

# chkconfig --level 3 vncserver on


 VNCパスワード変更
/root/.vnc/passwd
を削除すれば再度、vncを起動した際にパスワードを聞かれるので、設定を行う。


 ゲストOS用領域を作成、フォーマット
# mkdir /virtual
# mkdir /virtual/sv01
# cd /virtual/sv01
# qemu-img create -f qcow2 os.img 128G


 ゲストOS設定
VNCで接続
メニューバー > アプリケーション > 仮想マシンマネージャ

新しい仮想マシンの作成

任意の名前

既存のディスクイメージをインポート



 kvm 設定ファイル編集
# vi /etc/libvirt/qemu/ServerName.xml

<disk type="file" device="disk">
-<driver name='qemu' type='raw' cache='none'/>
<source file='/var/lib/libvirt/images/test1'/>
<target dev='hda' bus='ide'/>
<address type='drive' controller='0' bus='0' unit='0'/>
</disk>


<disk type="file" device="disk">
+<driver name='qemu' type='qcow2' cache='none'/>
<source file='/var/lib/libvirt/images/test1'/>
<target dev='hda' bus='ide'/>
<address type='drive' controller='0' bus='0' unit='0'/>
</disk>
参考URL CentOS 5.6 で QCOW2 を使った KVM ゲストを起動できない


 デスクトップ環境 インストール
グループリスト表示
# yum grouplist

インストール
# yum groupinstall "デスクトップ"
# yum groupinstall "X Window System"
# yum install gnome-system-monitor


 libvirt 再起動コマンド
# service libvirtd restart


 複数ISOからインストールする場合
# eject ide1-cd0
# change ide1-cd0

物理ディスクの場合
# change ide1-cd0 /dev/cdrom


 VNC キーボード設定
システム > 設定 > キーボード

レイアウトの選択
USAを削除
追加でjapanを追加

これでもだめなら
キーボードの型式に
Logitech G15 extra key via G15daemon
を選択


 VNC ワークスペースの追加
パネル選択のところへカーソルを持っていく
右クリック > 設定
ワークスペースの数を選択する


 仮想マシンマネージャー グラフを表示
仮想マシンマネージャー
編集 > 設定
統計タブ
ディスクI/O
ネットワークI/O
にチェックをする

表示 > グラフ
CPU使用率
ディスクI/O
ネットワークI/O
にチェックを入れる


 NIC追加
すべてのインタフェースの情報を確認する
# ifconfig -a
インターフェース名あわせて設定ファイルをコピー、書き換える
# cp ifcfg-eth0 ifcfg-ethX
# vi ifcfg-ethX
参考URL 【CentOS6】NICが有効化できないときの対処


更新 2014.09.28