qmail 基本設定
 sendmail 退避
# cd /usr/sbin/
# mv sendmail sendmail.orig
# ln -s /var/qmail/bin/sendmail /usr/sbin/sendmail
# chmod 0 /usr/sbin/sendmail.orig
sendmailを別名に書き換え、CGIなどからのメール送信フォールに対応するため
シンボリックリンクで置き換える。
アクセス権を0にして奪い、動作できなくする。


 sendmail 停止
# chkconfig --list | grep sendmail
# chkconfig --level 2345 sendmail off


 SMTP データベース
# vi /etc/tcp.smtp

 データベースの内容
192.168.:allow,RELAYCLIENT=""
127.:allow,RELAYCLIENT=""
:allow

 データベース変換
# /usr/local/bin/tcprules /etc/tcp.smtp.cdb /etc/tcp.smtp.tmp < /etc/tcp.smtp


 POP データベース
#vi /etc/tcp.pop3

 データベースの内容
:allow,ALLOWPLAIN="",DOMAINOWNER=""

 データベース変換
# /usr/local/bin/tcprules /etc/tcp.pop3.cdb /etc/tcp.pop3.tmp < /etc/tcp.pop3


 既存ユーザのメールBOXの作成
# su - username
$ cd ~
$ /var/qmail/bin/maildirmake Maildir
$ /var/qmail/bin/vida-passwd
$ echo ./Maildir/ > .qmail
$ exit


 メールエイリアスの作成
# echo username > /var/qmail/alias/.qmail-postmaster
# echo username > /var/qmail/alias/.qmail-webmaster
# echo username > /var/qmail/alias/.qmail-mailer-daemon
# echo username > /var/qmail/alias/.qmail-root

前へ | 次へ


更新 2008.12.30