NetWork

 IPアドレス手動設定
 /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
HWADDR=00:00:00:00:00:00
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.1.2
NETMASK=255.255.255.0
BROADCAST=192.168.1.255
NETWORK=192.168.1.0
IPV6INIT=no
TYPE=Ethernet
USERCTL=no
PEERDNS=yes
ONBOOT=yes

項目名 説明
DEVICE On | Off デバイス名
ONBOOT yes | no システム起動時のネットワークを有効無効設定
BOOTPROTO static | none | dhcp | bootp IPアドレスを取得する為のプロトコル
HWADDR 00:00:00:00:00:00 NICのMACアドレスを設定
TYPE Ethernet インターフェイスの種類を設定
DHCP_HOSTNAME ホスト名 DHCPサーバに通知するホスト名
IPADDR 192.168.11.100名 IPアドレス
NETMASK 255.255.255.0 サブネットマスク
NETADDR 192.168.11.0 ネットワークアドレス
BROADCAST 192.168.11.255 ブロードキャストアドレス
USERCTL yes | no デバイスの制御(NICのup down等)を一般ユーザにも許可するかどうかの設定
デフォルト:no
PEERDNS yes | no DHCPによる取得したDNSサーバのアドレスを/etc/resolv.confに反映するかどうかの設定
BOOTPROTO=yes の場合、デフォルト:yes
IPV6INIT yes | no IPv6を有効にするか
DEFROUTE yes | no このインターフェイスをデフォルトルートとして設定するかどうかの設定
NM_CONTROLLED yes | no http://trac.vinelinux.org/wiki/LegacyNetwork
IPV4_FAILURE_FATAL yes | no IPv4 による設定を試みてうまくいかなかったとき、IPv6が利用可能であればIPv6を有効にする
PEERROUTES yes | no
参考
/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth* 設定項目


 /etc/sysconfig/network
GATEWAY=192.168.1.1


 /etc/resolv.conf
; generated by /sbin/dhclient-script
nameserver 000.000.000.000


 network リブート
# service network restart


 ホスト名 変更
# vi /etc/sysconfig/network


HOSTNAME=New.HostName


 リブート
# reboot


 ネットワークインタフェース操作
"eth0"を起動する
# ifconfig eth0 up

"eth0"を停止する
# ifconfig eth0 down

"eth0"にIPを割り当てる
# ifconfig eth0 192.168.1.2

"eth0"にネットマスクを指定する
# ifconfig eth0 netmask 255.255.255.0
参考
ITpro 【 ifconfig 】 ネットワーク・インタフェースの参照・設定・起動・停止


 IPv6 無効化 CentOS6.6
# echo "install ipv6 /bin/true" > /etc/modprobe.d/disable-ipv6.conf

Postfixの設定変更
# vi /etc/postfix/main.cf

-inet_protocols = all
+inet_protocols = ipv4
参考
ネットワーク設定(SL6) - すだちネットWiki
Scientific Linux6.0のインストール〜その2〜
fedora12でIPv6サポートをオフに - Clockworks.fam.cx


 NIC交換時のインタフェース名について
# vi /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
参考
【Red Hat Enterprise Linux 6 Hint & Tips】 Network設定の注意点


更新 2015.02.09