PostgreSQLのインストール Ver.9.3.1

 Readline ヘッダファイルがない場合
# yum install readline-devel


 zlib ヘッダファイルがない場合
# yum install zlib-devel


 コンパイル
# groupadd postgres
# useradd -g postgres postgres
# mkdir /usr/local/src/postgresql-8.4.6
# mkdir /usr/local/pgsql
# chown postgres:postgres /usr/local/src/postgresql-8.4.6
# chown postgres:postgres /usr/local/pgsql

# su - postgres

$ cd /tmp
$ wget http://wwwmaster.postgresql.org/redir/311/h/source/v8.4.6/postgresql-8.4.6.tar.gz
$ tar xzvf postgresql-8.4.6.tar.gz
$ cd postgresql-8.4.6
$ ./configure
$ make
$ make isntall


 環境変数の設定
$ vi /home/postgres/.bashrc


 .bashrc 編集
PATH="$PATH":/usr/local/pgsql/bin
export POSTGRES_HOME=/usr/local/pgsql
export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
export PGDATA=$POSTGRES_HOME/data
export MANPATH="$MANPATH":$POSTGRES_HOME/man
export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH":$PGLIB



 設定の反映
$ source ~/.bashrc


 PATHと環境変数の確認
$ printenv


 データベースの初期化
$ initdb --encoding=UNICODE --no-locale

もしくは

$ initdb --encoding=EUC_JP --no-locale


 設定ファイルの編集 pg_hba.conf
$ vi /usr/local/pgsql/data/pg_hba.conf

# "local" is for Unix domain socket connections only
local all all md5
# IPv4 local connections:
host all all 127.0.0.1/32 md5
# IPv6 local connections:
host all all ::1/128 md5

# tcpip接続 受付
host all all 192.168.1.0/24 md5


 設定ファイルの編集 postgresql.conf
$ vi /usr/local/pgsql/data/postgresql.conf

#listen_addresses = 'localhost'
  ↓
listen_addresses = '*'


 psql
$ psql db_name

ユーザー追加
$ CREATE USER user_name;

パスワード変更
$ ALTER USER user_name WITH PASSWORD 'password';

終了
$ \q


 dump
$ pg_dump -D データベース名 > dumpファイル名
参考
PostgreSQL 8.2.3文書
PostgreSQLのインストール
それ行けLinux〜readline〜
Webウェブデザインレッスン DBインストールの前に
readlineのインストール
Solaris9のインストール
zlib インストール
@IT 共有ライブラリをシステムに認識させるには
PostgresqlをLocalhost以外からアクセスさせるには


更新 2013.10.21