PHP Memo

 curl 設定
curl-devel インストール
# yum install curl-devel

php リコンパイル
--with-curl=/usr/bin/curl


 exif 設定
php リコンパイル
--enable-exif


 PHP.ini バージョン5.2.5
ディレクティブ 説明
short_open_tag On|Off PHP タグの短縮型 (<? ?>) を使用 可能にするかどうかを設定します。 PHPをXMLと組み合わせて用いる場合は、<?xml ?>をファイル中で用 いるためにこのオプションをオフにする必要があります。 オンにし た場合にPHPでXMLを出力するには、例えば、次のようにします。 これをオフにした場合、長い方の形式のタグ (<?php ?>)を使用する必要があります。
デフォルト:On
allow_call_time_pass_reference On|Off 関数のコール時に引数が参照で渡された場合に、警告するかどうかを 設定します。 この機能は過去のものであり、将来のバージョンの PHP/Zend ではサポートされない可能性があります。 推奨される方法は、関数宣言時に参照渡しとするべき引数を指定することです。 将来のバージョンでの動作を保障するために、この オプションを off とし、スクリプトがこの状態で正しく動作することを確認することが推奨されます (この機能を使用する度に警告が発生します)。
デフォルト:On
display_errors On|Off エラーをHTML出力の一部として画面に出力するかどうかを定義します。
デフォルト:On
log_errors On|Off エラーメッセージを、サーバーのエラーログまたはerror_logに記録するかどうかを指定 します。このオプションはサーバーに依存します。
デフォルト:Off
session.gc_divisor 100 session.gc_divisorと session.gc_probabilityの組み合わせですべてのセッションの初期化過程でgc(ガーベッジコネクション)プロセスも始動する確率を制御します。 確率は gc_probability/gc_divisor で計算されます。例えば、1/100は各リクエスト毎に1%の確率でGCプロセスが始動します。
デフォルト:100
memory_limit 128 スクリプトが確保できる最大メモリをバイト数で指定します。 この命令は、正しく書かれていないスクリプトがサーバーのメモリを食いつぶすことを防止するのに役立ちます。 もし、使用可能メモリに制限を設けたくない場合は、ここに -1 を指定してください。
デフォルト:128
post_max_size 8M POSTデータに許可される最大サイズを設定します。 この設定は、ファ イルアップロードにも影響します。 大きなファイルをアップロード するには、この値を upload_max_filesize より大きく設定する必要があります。
デフォルト:8M
file_uploads On|Off HTTP ファイルアップロード を有効とするかどうか。 upload_max_filesize, upload_tmp_dir, post_max_size ディレクティブも参照下さい。
デフォルト:On
upload_tmp_dir On|Off ファイルアップロード時にファイル保存に用いるテンポラリディレクトリ。 PHPの実行ユーザーが書きこみ可能である必要があります。 指定されない場合、PHPはシステムのデフォルト設定を 使用します。
デフォルト:NULL
upload_max_filesize On|Off アップロードされるファイルの最大サイズ。
integerを使用する際、その値はバイト単位で測られます。 このFAQに記載された短縮表記を使用することも可能です。
デフォルト:2M
参考URL
phpの文字化けとphp.iniの設定


 関数
import_request_variables
GET/POST/Cookie 変数をグローバルスコープにインポートする
print_r($_POST)
POST内容を表示
getenv
環境変数の値を取得する
putenv
環境変数の値を設定する
$_REQUEST
$_GET, $_POST, $_COOKIE, $_FILES の内容を格納した連想配列


 PEAE Net_UserAgent_Mobile
# pear install Net_UserAgent_Mobile-alpha


 日本語 正規表現
preg系の正規表現にパターン修飾子「u」を指定すると、パターン文字列がUTF-8でエンコードされた文字列として扱われるようになります。

preg_match_all('/[一-龠]+|[ぁ-ん]+|[ァ-ヴー]+|[a-zA-Z0-9]+|[a-zA-Z0-9]+/u', $strToSplit, $aMatches);
参考URL
mb_ereg()じゃない、preg_match_all()に/uをつけるんだ!
PHPでエラーチェックシリーズ!


 文字列比較
Perl
if ( $a eq $b ){ print '同じです'; }

PHP
if ( strcmp($a,$b)==0 ){ print '同じです'; }
参考URL
PHPで文字列を比較するときに == は絶対に使ってはいけない。


 メールコマンド
# /usr/local/bin/php -f /usr/local/apache2/htdocs/mail.php < /usr/local/apache2/htdocs/mail.txt


更新 2011.07.15